防水工事屋が耐震工事を依頼される理由!

京都で防水屋を創業して33年、リフォームを手がけて29年の
ケージールーフです!!
今日も事務スタッフがブログをみなさまにお届けしたいと思います!

ケージールーフは京都市指定業者で
公共工事を多数手がけているのですが
事務員の私からすると不思議に思っていることがありまして・・・

それは

防水屋なのに耐震補強工事の依頼がある!!

ということ。

職人の皆さんがこれを読まれたら
防水屋だったら、そりゃ耐震工事も頼まれるでしょ!
と思われるかもしれませんが
そこはまだまだ勉強中の私です。

というか、きっとこれを読んでくださった皆様も
なんでなんだろう?!って思われます・・・よね?

そこで、いつものごとく社長に

『なぜ、ケージールーフは防水屋なのに
耐震補強工事を頼まれるんですか?』

と聞いてみました。

防水には場所によってと、その材質によって
防水の使用する材料、施工する方法が変わるのですが

『橋脚構造クラック、エポキシ樹脂注入工事』

橋の柱・梁部分にコンクリートを貫通するひび割れがあり、
ひび割れの隙間に、シリンダー(注射器のような)を用いて、
低圧でゆっくりとひび割れの内部までエポキシ樹脂を注入して、
橋の柱・梁を接着する工事

 

これを

こうして

こう!!


ケージールーフでは阪神淡路大震災の時に
阪神高速道路のひび割れをこの工法で、3年間かけて補強したんやで
と社長が言っておりました。

コンクリ-ト構造物のひび割れによる耐久性や防水性などの
性能の低下を回復させるために行われるわけですが
そこにエポキシの樹脂を注入することで耐久性、防水性だけでなく
耐震補強にもなる!!ということで、私も
なろほどな~と勉強になったわけでした!!

ケージールーフは京都市指定業者です。
安心安全な施工と施工主様に喜んでいただける工事をお約束いたします!


左京区、上京区、中京区、下京区、東山区、山科区
北区、右京区、東山区、西京区、南区、伏見区の方だけでなく
京都府・滋賀県・大阪府の方からも御相談いただいておりますので

まずはお気軽にお電話ください!


ケージールーフ  075-701-5853
※電話に出られない際は、携帯に転送されるようになっておりますので
いつでもご相談ください!!